キャリアのガラケーを手放して格安スマホを契約した理由

私は最近までキャリアのガラケーを8年以上愛用して使っていました。

通話とメールがメインであり、日中のメール確認などは全てパソコンで行えるので私にはスマホは不要だと思っていたからです。この先もガラケーを愛用していくつもりでしたが、そんな時にガラケーのボタンが取れてしまいました。

機種変更をしようにも既にガラケーの販売は終了していて、今販売されている端末の多くが見た目はガラケーで中身はスマートフォンと同様のandroid端末のみでした。メールの送受信をすればするだけ通信料が発生し、使用していない時間帯も通信料が発生してしまうので今まで利用してきたガラケーの料金の月額費用以上の支払いをしたくないので、これを機に格安スマホに新規契約をする決断をしました。

最初は若干の不安がありましたが、ガラケー時代とほぼ似た金額でスマートフォンを運用できて良かったです。

私の場合は自宅にも職場にもwifiがあり、1GB程度のプランで充分です。外出中はガラケーの頃とは違って、すぐに知りたいことが調べられる点でもとても便利だと実感しています。

たまにガラケーのボタンが恋しくはなりますが、通話とネット両方を使用できて維持費がガラケーの頃と同様であれば、便利な方へ傾くのは自然のことだと思います。

ネットではキャリアを離れて格安スマホに移行している人が増えていると耳にしているものの、私の親族や知人は全てキャリアのスマートフォンを利用しています。実際に会ったときなどに格安スマホの維持費の安さなどを説明してみても、長年利用しているキャリアを離れるのが不安だと告げる知人や、新規契約やMNPをする手続きが面倒だと告げる知人が多く居ました。

家計を考える人や使い勝手の良さで変更する人とは逆に費用をそこまで気にしない人も多く居るのだと驚きました。

格安スマホは特に店舗がないため、ある程度の知識がない人が契約会社を変えるのには勇気が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です