園芸は心も体も健やかにし、健康的な生活をさせてくれる

私が園芸に興味を持ちだしたのは、結婚後マイホームを購入したことがきっかけでした。

なんせ一軒家を購入したため、「玄関先に何か鉢のひとつでも置かなきゃみっともないな~」と思ったのが最初のきっかけでした。

最初のころは、一番自宅から近いホームセンターの園芸コーナーで、

実際に花の苗についている「タグ」を見て育て方や置き場所についてその都度みて確認して苗を購入していました。

特に注意してみていたことは、花の時期が何月までなのかです。

購入してから1ヶ月程度で花の時期が終わってしまうだと、

ちょっぴりもったいない気もするので、極力花の咲く時期が6か月は持つ品種を購入するようにしていまいした。

セネッティー、バラ、さざんか、ポーチュラカ、ゆきやなぎ、パンジー、サフィニア、ペチュニア、あさがお、アベリア、ひまわり、マリーゴールド、アリッサム

フリージア、アカシア、ゼラニウム、コスモス、チューリップ、アジサイ、ラナンキュラス、ラベンダー、ランタナ

などなど、今となると年間通してこれまで、どれだけの種類を今まで育ててきたかわからないくらいです。

ただ、最近の異常気象などで、花たちに元気がないこともよく見受けられました。

そして、春先や夏~秋にかけて害虫が増えて、私も幾度か害虫に刺され、腫れあがるくらいひどい状況になり、皮膚科に足を運んだこともありました。

虫は本当に厄介です。

どうしたら、虫よけができるかも検討し、色々ネットで調べたり、人に教えてもらった情報によると、

虫はハーブの匂いがあまり好きではないとのことでした。

それからというもの、ラベンダーからはじまり、レモンバーム、イタリアンパセリ、パクチー、大葉、ミント、など

育てているうちに次はあれも次はこれもとどんどんと種類も増えてきました。

ハーブを植えることによって、気持ち虫の量は減ったように感じます。

そして、何よりも食することのできる植物はとってもありがたいです。

ハーブで作った一番のお気に入りは、レモンバームを乾燥させ煎じたハーブティーです。

これを飲んでリラックスるのが、今では私の至福のひと時となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です